花茄子(ハナナス)

       ナス科 ミニトマトみたいですけど、観賞用のナスなんですね。(食べられません) 緑からオレンジ、赤と色が変わります。 葉っぱは茄子そのものですね。 別名をソラナムとも言われますが、ツルハナナスとは別みたいです。 花色がたぶん白色だと思います。 ツルハナナス(↓)は紫色。 葉っぱの形も全然違いますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の芋(ヤマノイモ)

                          ヤマノイモ科 山で見つけたヤマノイモの果実です。 電線か何かに絡み付いて、蔓が伸びていました。 ヤマノイモは雌雄異株で、夏に白い穂状の花をつけた後、こんな形の実ができます。 それぞれが3つに分かれていて、中に種が入っています。 茎にできるムカゴは食べると美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅花常盤満作(ベニバナトキワマンサク)

      マンサク科 雨があがって、だんだんと寒くなるようです。 北海道では初雪が降ったとか。  そういえば昨日だったか、灯油販売の車が周ってきました。 ♪かきねのかきねのまがりかど~♪ という音楽と共に・・・。 え~っ、もうはやストーブ? って笑えたけど、そういう時期なんですねぇ。 今日は北風が強いみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の木々

コスモスを見に行ったのに、全然きれいに咲いてなくて、仕方なく近くの山へドライブ(?)に行きました。 通るたびに標識を見て、気になっていた森林公園でした。 まだ紅葉も始まってなくて、何ということもない山でしたが、車から降りて歩いてみると、鹿の糞があちこちに落ちていたりして、自然が残っていました。 来月になって紅葉の時に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青桐(アオギリ)

         アオギリ科 公園の青桐の実が茶色くなって、風が吹くとプロペラのように、クルクル回りながら落ちていました。 ↑ 地面に落ちていた実です。 淵に丸い種がくっついています。 舟のような形の実です。 いつもおもしろいなと思いながら、高い木からぶら下がっている実を見上げます。(^^) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

犬蓼(イヌタデ)

            タデ科 野の花の定番、「あかまんま」とも言います。(この呼び方、けっこう好き♪) なんていうこともない小さくて素朴な花ですけど、群生していると秋っぽくてきれいです。 でも 立ち止まって、じっとこの花を見る人は少ないかも。 私ぐらい??(笑) ↓ これも野の花の定番、ねこじゃらしとツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杜鵑(ホトトギス)

        ユリ科 やっと我が家のホトトギスが咲き始めました。 よそではとっくに咲いてるのに、栄養不足か、日陰だからか、はたまた毎年卵を産んで葉っぱを食べつくすルリタテハの幼虫のせいか・・・? しかし それでも咲く、ホトトギスは強い植物のようです。 去年より草丈が伸びて、今年は私の背丈ほどにもなりました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

竜胆(リンドウ)

       リンドウ科 山道に咲いてるとうれしいですね。 (写真は植物園のものです) 秋の紫色の代表花です♪ 昨日から、雨が降ったりやんだりの空模様。 奄美大島では集中豪雨で、大きな被害が出ていますね。  気温は低いものの、湿度が高いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朮(オケラ)

           キク科 オケラで変換したら、「螻蛄」という字が出た。  こっちは虫のオケラですね。(笑) しかし こちらのオケラも、なんとおもしろい字なんでしょ! お花は小さな白い花が集まっているように見える頭花の周りに、魚の骨のようなトゲトゲした苞葉があります。 名前もお花の形も、とってもユニーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬師草(ヤクシソウ)

            キク科 秋の野山に咲く黄色い花で、ひとつの茎からたくさんの花が咲きます。 葉っぱは茎を抱くように付き、その形が薬師如来の後背に似ているところから名づけられたそうです。 太陽が大好きで、日が当たっている時間しか開きません。 曇りや雨の日も開きません。 ひょろっと細い茎に、いっぱい黄色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜栲(ハマゴウ)

      クマツヅラ科 昨日 海へ行きました。  そこに背丈ほどの大きな木があり、紫色の花がいっぱい咲いていました。 これは何の花だろう? と思いながら、写真だけ撮ってきて、家で調べたら、ハマゴウという植物でした。 葉っぱの裏が白っぽい毛で被われています。  海辺の砂浜に生える木みたいです。    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤袴(フジバカマ)

            キク科 今日も行楽日和♪  空が高く、秋のすじ雲がきれいでした。 お花は秋の七草のひとつ、フジバカマです。 小さなうすピンクの花が集まって咲きます。 りんごの香りがしますよ。(^^) 紅葉も少しずつ始まっているのでしょうか。 今朝はちょっと冷え込んでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臭木(クサギ)

      クマツヅラ科 瑠璃色の宝石のようなクサギの実ができていました。 お花↓よりきれい? (^^) 臭いはともかく、この実は美味しいらしく、鳥さんたちが食べに来ます。 瑠璃色といえば、だいぶ前からカワセミを見てないなぁ・・・。 これも朝の散歩に行かなくなったせいだ・・……(-。-) ボソッ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栴檀草(センダングサ)の仲間

            キク科 誰でも知ってる野の草ですよね。 種ができると、野山を歩くと服にくっついて、なかなか取れません。 ><; そのセンダングサの仲間の区別ですが・・・私なりの解釈です。(^^; ↑と↓は「アメリカセンダングサ」です。 黄色い花の周りにガクのような総苞があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋明菊(シュウメイギク)

  キンポウゲ科 菊という字が付きますが、菊科ではなく、葉っぱが菊に似てるので名づけられたのだそうです。 ちょっと日陰が好き? 木陰にひっそりと咲き、すらっと伸びた花茎が印象的。 花びらのように見えるのはガクで、花後にはフワフワの綿毛ができます。 今日も爽やかな秋晴れです。 こちらでは有名な「灘のけん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野葡萄(ノブドウ)

     ブドウ科 野葡萄の実が色づいて、とってもきれいです♪ こんなにきれいのに、食べられないのは残念! 秋はいろんな実ができて、キョロキョロ見ながら散歩も楽しいですね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虎杖(イタドリ)

    タデ科 野山を歩いていると、白いイタドリの花がきれいです。 こちらもセイタカアワダチソウと同じで、繁殖力が強い野草ですね。 花の後にできる実は、ぶどうの種みたいで、ブラブラぶら下がります。 漢字の「虎」と「杖」でイタドリと読むんですね。 なんで?と思うような字・・・。 バックにピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背高泡立草(セイタカアワダチソウ)

     キク科 黄色いセイタカワダチソウが咲く季節になりました。 群生していると、なかなかきれいだと私は思うのですが、繁殖力が旺盛で、花粉症の原因になるからか、嫌われている野草です。 背高という名前のとおり、背丈より高くなって、花の後は茶色いモコモコの種が飛びます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溝蕎麦(ミゾソバ)

     タデ科 散歩道にピンクの溝蕎麦の花がいっぱい咲いていました♪ 溝に生える蕎麦の花? 蕎麦の花に似てるかなぁ?? 別名を「牛のひたい」というそうです。 葉っぱの形が牛の顔に似てるから。 葉っぱの写真は・・・ないですぅ。><; 三連休の最終日は、秋晴れですよ! どこに出かけますか?(^^) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンデスの乙女

      マメ科 雨が上がったので、久々に朝の散歩に行きました。 ぃやぁ、朝歩くのは何ヶ月ぶりだろう。 やっぱり気持ちがいいもんですね♪ 国道沿いに黄色い花が咲いていました。 写真を撮ったものの、名前が思い出せない・・・(w_-; ウゥ・・ なんか変わった名前やったなぁ・・・何やったかな・・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more