柊黐(ヒイラギモチ)

画像



  モチノキ科  (撮影 12月20日)

今日も真冬の寒さだったけど、頑張って散歩に行きました。

昨日 一日忙しくて、調理場に長いこといたら、足の指が全員しもやけになっとった!( ̄ロ ̄lll)

あちゃぁ!これはえらいことやがな。 靴下カイロでも貼らなあかんかな。

もうすぐクリスマス、よく飾りに使われる柊は、実はこのヒイラギモチ(別名チャイニーズホーリー)で、節分に使う柊とは別の種類なんですね。(柊はモクセイ科です)
節分の柊の実は紫色で、こんなに赤くはないそうです。

よく似た種類で西洋柊というのがありますが、葉っぱのトゲがもう少し多いです。

ポインセチアとともに、クリスマスらしいお花(実)ですね♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年12月21日 01:04
クリスマスらしい写真ですね(*^^*)

クリスマスももうすぐ
いよいよ年の瀬です
...いろいろやり残したことがあるようで焦ってきます(^^;A
2009年12月21日 21:31
>motoさん

赤い実はいろいろアップしていますが、これはクリスマスらしくて、また他のとは違う気がしたり・・・。
でも私、クリスマスリースとかに使われるのは、柊(モクセイ科の)だとばかり思ってました。(^口^;)

あと10日を切りましたねぇ。
やり残したことが全部片付くかしらと思いますよね。
と思いながら、静かな年末年始を心待ちしてる私。(笑)

この記事へのトラックバック